小沢VS検察審査会の背後の検察

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010/09
 民主党の小沢一郎氏が、もし首相になった場合でも、自ら「強制起訴」に同意して『刑事被告人の首相』になって闘うという意思を表明しました。
 なぜ、小沢氏は、そこまで強気なのでしょうか。
 ちょうど書きかけていたものがあったので解説してみましょう。

 じつは、「政治資金規正法」は、ザル法なのです。
 国民が「政治とカネ!」とあまりにうるさいから、「規正法」なんて、いかにもキッチリ取り締まってますよという名前の法律を作りました。

 しかし、「政治資金規正法」は、具体的にこういうことをしたら違反だという表現があいまいなので、「規正法に引っかからない」という主張を、政治家がいくらでもできるようになってます。  (しかも会計責任者に責任をおっかぶせて、政治家本人は責任をとらなくていいようにできています。)

 ところが、「政治資金規正法」は、逆に検察にとっても、「規正法に違反すると法解釈できる」ほどに、条文の表現があいまいなのです(どうにでも解釈できる)。

 もともとは、政治家が抜け道を多く作るためにザル法にしたのですが(法律を作るのは政治家ですから)、あまりにザル過ぎて、取り締まる検察にも利用できるスキをあたえることになったのです。

             厳選したローン会社の紹介 (管理人運営サイト)
                私のサイトでは、独自の審査基準アンケートを実施して 
                   <安心>と<成功> の観点から厳選して紹介します。



 「政治資金規正法」は、あいまいな表現が、政治家にとっても検察にとっても武器になるのです。

 政治家と検察、「政治資金規正法」がどちらの武器として機能するかは、そのときどきの力関係でしょう。
 今回は、検察が武器として持ち出しました。

 ただし、今回、検察が持ち出しはしたものの、武器としてはハエたたきくらいの威力しかない。
 というのも、「政治資金規正法」の立法趣旨(政治家本人は責任をとらなくていいようにできてる)からすれば、この法律で政治家本人である小沢氏を有罪に持ち込むには、政治家本人が共犯であるという立証をしなければならなりません。
 しかし、それは、非常に難しいのです。

 小沢氏が強気なのはそのためですし、検察も有罪にできないであろうと考えていると思います。

 つまり、最初から検察は、有罪を狙っていたのではなく、小沢氏を刑事被告人にすること、つまり起訴することだけが目的だと読み取ることができます。

 しかし、検察が無罪になるのが明らかな事件を起訴するわけにはいかないので、「検察審査会」を利用したのです。

 もともと「検察審査会」は、検察が政治家の利益を図って起訴しないというようなことがないようにと作られたものですが、しかし、今回の事件は、検察が自分で起訴できない事件を起訴するために「検察審査会」を利用したのです。

 というように、「検察審査会」の背後の検察の意図までは見えますが、さらに検察の背後の関係までは、いろいろな陰謀論が言われてますが、よく分かりません。
関連記事


  政治話以外の話は、これまでどおり、本家 29%の生活と7%の生活 で書いています。 よろしくお願いします。

  

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyostar.blog93.fc2.com/tb.php/8-ab35ebe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。